これを欲しくないランナーはいるのだろうか?リーボック「Floatride Energy Grow」

ランニングシューズのトレンドは「厚底✕補強プレート」で、少しでも速く走るためのシューズに人気があります。でも、本当にそんなランニングシューズが必要なのでしょうか?そのシューズで気分が上がりますか?タイムとともに心まで削っていませんか?

ランニングはもっと自由でいい。ランニングシューズはデザインで選んでいい。それがサステナブルならもっといい。そこで今回ご紹介するのはリーボックから4月15日に発売されるサステナブルランニングシューズ「Floatride Energy Grow」です。

Advertisement

植物由来素材を原料とした高機能性ランニングシューズ

Floatride Energy Grow(フロートライド エナジー グロウ)は昨年秋に発売され、高い注目を集めた植物由来素材を原料とした高機能性ランニングシューズForever Floatride Grow(フォーエバー フロートライド グロウ)のアップデートモデルになります。

リーボックのサステナビリティに対する取り組みとして、原材料に植物などの天然由来素材を50%以上使用した商品開発製造を行っていますが、フロートライド エナジー グロウはそのコンセプトに基づいて開発されたランニングシューズになります。

ユーカリを原料としたアッパーを再設計することで、耐久性と通気性はそのままに、より高いフィット感と軽量化を実現しています。さらに積水化成品工業の唐胡麻を原料に開発された素材「エラスティルBIO」を使用したミッドソールにも改良が加えられ、高い耐久性と反発力が備わっています。

もちろん前作同様に軽さにもこだわっています。機能性が高いだけでなく軽さもあるので、いつまでも走っていたくなる1足です。環境問題に配慮しながらも、これだけの機能を詰め込んだのに、税込で14,300円というのも嬉しいところです。

ランニングのあるライフスタイルを楽しむ人におすすめ

フロートライド エナジー グロウは快適なランニングを提供してくれますが、例えばキロ3分で走り続けるようなランニングシューズではありません。自分の健康のためにランニングを取り入れている人や、ファッション感覚でランニングを楽しんでいる人に適しています。

もちろんその気になればフルマラソンも走れるランニングシューズです。でも、普段履きで使ってもまったく違和感がないどころか、オールドスタイルのランニングシューズデザインで、むしろファッションアイテムとしてのニーズが高い1足です。

休日の買い物にも使えて、毎日のランニングにも使える。ここまでスタイリッシュだと、デザインだけで買っても後悔はないはずです。ただ、ランニングで汚してしまうのがもったいないと思ってしまうかもしれませんが。

限定生産となるはずですので、気になるという人は4月15日の発売日にオンラインショップもしくは店舗でご購入ください。オンラインショップでは10時からの取り扱いになっています。確実に手に入れたいなら午前半休必須?

Advertisement

「Floatride Energy Grow」商品概要

価格15,400円(税込)
サイズMENS:25.0-31.0cm
WOMENS:22.0-26.0cm
カラークラシックホワイト/ブレイブブルー/ボルダーグレー
重量MENS:275グラム
WOMENS:229グラム
ミッドソールのドロップ9 mm
発売日2021年4月15日10:00
販売店舗リーボック オンラインショップ
リーボックストア 渋谷
リーボック フィットハブ
・ららぽーとEXPOCITY
・博多キャナルシティオーパ
※店舗によって取り扱い品番、サイズが異なります

ランニングシューズカテゴリの最新記事