快適さと耐久性がアップ!「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト% 2」

数々の記録を打ち立てたナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%がアップデートされて、2021年4月15日に「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト% 2」が登場します。ソールスペックは変わらず、アッパーに改良が加えられています。

そしてなんと価格が税抜きで24,500円で、これまでよりもお求めやすい価格設定なっています。万能性が高く、ほとんどのレベルのランナーが自己ベスト更新を狙えるランニングシューズです。秋のマラソン大会開催が発表されていますので、来シーズンに結果を出したい人は要チェックです。

Advertisement

アッパーの通気性と耐久性が向上

従来のモデルとの大きな違いはアッパーにあります。エンジニアードメッシュを採用することで通気性を高め、これから夏場に向けてのシーズンでもシューズ内に湿気がこもることなく、いつでも快適な状態を保ちます。さらにシュータン丈夫にパッドを配置し、シューレースの圧迫感を軽減しています。

これまでのモデルはアッパーの耐久性に不安がありましたが、「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト% 2」では前足部に補強が入っています。これにより耐久性が上がり、さらにはしっかりと足を包み込んでくれるということです。

ソール部分に変更はなく、クッション性と反発力を備えたズームエックスフォームとカーボンプレートで、スムーズな走りを提供してくれます。ソールに変更がないのでライド感も変わらないので、初代モデルからの移行もスムーズに行えるはずです。

価格:24,500円(税抜)
発売日:2021年4月15日
発売店舗:NIKE アプリ、NIKE.COM、一部の NIKE 販売店

万能性の高いシューズでもフィット感だけ注意が必要

今回の新モデルはアッパーに特長があります。従来のモデルよりも柔らかくてフィット感が上がっているということですが、気になるのは補強部分です。強度が上がるということは、それだけ指先の自由度が下がります。人によっては少しだけ窮屈さを感じるかもしれません。

ほとんどの人は従来のモデルと同じサイズで問題ありませんが、人によっては0.5cm大きめを選んだほうが、ストレスなく履けるかもしれません。従来のモデルで指先がややアッパーに当たっているという人や、アッパーが破れたという人は、実際に足を入れてサイズ感を確認してから購入したほうがいいかもしれません。

価格が24,500円になったということは、生産性が上がったことが推測されますが、それだけ購入したい人も増えるはずです。厚底のランニングシューズが増えてきましたが、やはりナイキの注目度が高く、「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト% 2」も発売当初は品薄になる可能性があります。

しばらくマラソン大会がないから後でいいやと思っていたら、すでにこのアクアカラーモデルがなくなっているなんてことも考えられますので、このカラーが気に入ったのであれば、4月15日の発売日に購入しておくことをおすすめします。

シューズとしての万能性は変わりませんので、秋のマラソン大会で自己ベスト更新を狙う人は来シーズンの勝負シューズ候補にいかがでしょう。

ランニングシューズカテゴリの最新記事