登山地図GPSアプリ「YAMAP」が進行方向に合わせて自動回転する「新・ベーシック地図」提供開始!

トレランや登山で愛用している人の多い登山地図GPSアプリ「YAMAP」ですが、最新のアップデートで進行方向に合わせて自動回転する「新・ベーシック地図」の提供を開始しました。これによりカーナビのように、進行方向が常に上向きにすることができ、コースのロストを防ぎやすくなっています。

また、新・ベーシック地図では国土地理院が2020年3月に全国提供を開始した、目的に応じた自由度の高い地図デザインを可能とする「ベクトルタイル」を採用しており、これまで以上に高精細な地図で現在地を確認できるようになっています。

もちろん従来どおりに北が上になる『現在地追従モード』も利用可能で、進行方向が上になる『現在地+方向追従モード』の好きな方を選んで表示できます。『現在地+方向追従モード』では地図上にコンパスアイコンが表示されるので方角を見失うこともありません。

また、拡大縮小しても画質が落ちない「ベクター画像」を採用することによって複雑な地形も高精細に描写できるようになりました。さらに、地図が回転しても地図上の文字情報は回転しないため、地図が動いても文字を読み取れないということはありません。

使い勝手が格段にアップしていますので、これまで細かい部分に不満を感じて使っていなかった人も、このタイミングで活用してみてはいかがでしょう。きっと「新・ベーシック地図」のナビに満足できるはずです。

YAMAPについて

電波が届かない山の中でも、スマートフォンのGPSで現在地と登山ルートがわかる、登山を楽しく安全にするアプリです。山行の軌跡や写真を活動記録として残したり、山の情報収集に活用したり、全国の登山好きと交流したりすることもできる、日本最大の登山・アウトドアプラットフォームです。

2021年8月に累計260万ダウンロードを突破。
URL:​https://yamap.com/

NEWSカテゴリの最新記事